INTRODUCTION

なぜ、ホームページ制作に戦略が必要なのか。

ホームページは、強力なマーケティングツール。成功すれば、優良な見込客を継続して獲得できます。でも、ただホームページを作ればよいかと言えば、もちろんそうではありません。

ゴールがなければ、スタートできない。

ゴールが分からないままスタートするマラソン選手はいません。ホームページ制作も同じです。まずはじめにホームページの役割りを決め、自社のビジネスやマーケティングにどう活用すべきかを、きちんと考えてからスタートする必要があります。

すべては、マーケティングから。

マーケティングは大企業がやるもの。そんなふうに考えていませんか。ホームページの制作には、マーケティング視点が欠かせません。ホームページ戦略を考えることは、自社のマーケティングを再確認することでもあります。

あなたのビジネスは、必要とされている。

企業のホームページに、意味もなく訪問する人はいません。誰もが、何らかの課題を抱えていて、それを解決するためにホームページへアクセスします。それが何かをきちんと考えることで、ホームページの果たす役割は明確になります。

ホームページの成果を決める6つの要因。

ホームページを成功させるために必要な項目は以下の6つです。これらを欠けることなく、すべて揃えることが、ホームページで成果を得る秘訣です。

STRATEGY「狙う」

あなたには、ホームページを見て欲しい目的があります。ユーザーにも、ホームページを見る目的があります。利害の一致するポイントを「狙う」ことが、成果につながります。

CONTENTS「与える」

ホームページに掲載される文章や写真は、ユーザーにとって「ホームページの価値」です。ユーザーが何を必要としているかを考え、「与える」ことが、成果につながります。

DESIGN「伝える」

デザインは、ホームページの第一印象、見やすさ、使いやすさを大きく左右する大切な要素です。デザインでホームページの情報を的確に「伝える」ことが、成果につながります。

ACCESS「集める」

ホームページは、訪れるユーザーがいて、はじめて成果を生みます。あなたのサービスや製品を必要としている見込度の高いユーザーを「集める」ことが、成果につながります。

CONVERSION「得る」

ホームページは、見て終わりではありません。ユーザーから「お問い合わせ」「資料請求」「来店」など、企業に利益を生むアクションを「得る」ことが、成果につながります。

TECHNOLOGY「実現する」

ホームページは、多くの技術で成り立っています。そして、見た目が同じでも中身の品質が大きく異なる特殊な製品です。それらを「実現する」ことが、成果につながります。

NEXT

全ての企業に求められる、自社運用体制。

制作会社にすべてを任せきりにするのは、はたして得策でしょうか。ウェブ専門の部署がない中小企業こそ、ホームページの自社運用体制が求められています。

15日間 無料メールセミナー

SEMINAR

ホームページ制作前に知りたい
考え方を、1日5分で。