STRUCTURE

全ての企業に求められる、自社運用体制。

制作会社にすべてを任せきりにするのは、はたして得策でしょうか。ウェブ専門の部署がない中小企業こそ、ホームページの自社運用体制が求められています。

制作会社ではなく、あなた主導に。

ホームページが完成したら、いよいよ運用開始です。でも、運用のすべてを制作会社に任せるのは得策でしょうか?意思疎通のすれ違い、情報発信までのタイムラグ、膨らむ費用など、問題は山積みです。公開後、まったく運用されないホームページも後を絶ちません。

今こそ、自社運用体制の構築を。

小さなホームページほど、情報発信は重要です。ページ数が少ない状態ではSEOなども難しく、ライバルに差を付けられてしまうからです。予算が限られる中小企業にとって、自社で情報発信のできる体制をいかに作れるかが、大きな課題です。

自分たちで考え、気付き、成長するために。

あなたのビジネスを誰よりも良く知っているのは、あなたです。そんなあなたが、自分たちでホームページを運営することは、理にかなった選択だと思いませんか。社内に情報発信の経験とノウハウを蓄積して、ビジネスの成長につながる新しい発見を手に入れましょう。

自社運用のための3つの条件。

ホームページの自社運用には、「ホームページ」「CMS」「担当者」の3つが欠かせません。

情報発信の土台となる「ホームページ」

ホームページの出来が悪ければ、いくら積極的に情報を発信しても、アクセスしてくれたユーザーを行動につなげることはできません。まずは土台となるホームページが必要です。

自社更新のためのシステム「CMS」

ホームページを作るための呪文のようなコードが分からなくても、自分たちで情報発信できるシステム(CMS)を導入すれば、あなた主導の情報発信ができるようになります。

運営の舵を切る「ウェブ担当者」

日々の情報発信や制作会社とのやりとりを、企業視点から指揮するのがウェブ担当者です。小さな企業ほど、人員の確保や育成が難しいポジションでもあります。

NEXT

セブンシックスが、選ばれる理由。

セブンシックスは、マーケティング視点の戦略的ホームページを、あなたが更新できるシステムで作り、運用のノウハウをレクチャーすることで、「成果の仕組み」を作ります。

15日間 無料メールセミナー

SEMINAR

ホームページ制作前に知りたい
考え方を、1日5分で。