セブンシックス・ブログ

SEVENSIX BLOG

過去の情報に惑わされないためのSEO基本心得2014

集客

Share this Bookmark this

以前は多くの人がSEOを一種のトリックだと錯覚していました。しかし、Googleの進化とともに、SEOを魔法のスイッチだと考える人は激減しています。よくよく考えてみれば、Googleの考えは何も変わっていないことに気付くでしょう。変わったのは、進化したアルゴリズムと、それを追う私たちの意識なのです。

今回は、誤った情報に惑わされないための、SEOの基本的な心得を説明したいと思います。

SEOとは

SEOとは、あなたもご存知の通り、狙ったキーワードでより上位の検索順位を獲得するためのテクニックです。一般的には、検索エンジンシェアのほとんどを占めるGoogleでの検索において、より上位に表示されることを目指します。

Googleの目的

Googleは、広告収入で運営されています。テレビ局が視聴率を重視するのは、視聴率が高いほどスポンサーがお金を払いやすくなり、広告収入が増えるからです。Googleも、より多くのユーザーが、Googleの検索エンジンを利用することを望んでいます。

検索順位はGoogleが決める

そのため、Googleは、よりユーザーの役に立つページを上位に表示したいと考えています。そして、そのための改善を繰り返してきました。当然です。もし、「ビートルズ」で検索したにもかかわらず、ストーンズのサイトが一番上に表示されてしまっては、誰もGoogleを利用したいとは思わないでしょう。

googleは、ユーザーにとって有益なページが上位に表示されるよう、様々な要因を計算するアルゴリズムを作り、検索順位を決定しているのです。

SEOの果たす役割

ということは、他のどのページよりもユーザーの役に立つ情報が掲載されていれば、上位表示されるのが道理です。「絶対的なコンテンツを提供する」ことが、究極のSEOと言っても過言ではありません。

しかし、それが「絶対的なコンテンツ」かどうかを判断するのは、Googleが自動で行う計算結果だということに注意してください。Googleは、まだ完璧ではありません。本来、SEOというものは、良いものを「良い」と判断してもらえるよう、不完全なGoogleを助ける行為なのです。

例えば、「赤い緑黄色野菜」と検索しても、Wikipediaの「トマト」のページは上位に表示されません。人間とGoogleでイメージするものが異なるのです。「おくゆかしさ」を美学とする日本では、悩ましい問題でもあります。

逆手にとったSEO

当然ですが、Googleの不完全な部分を逆手にとることで、より高い評価を得ることができます。事実、それらのトリック(ここでは便宜上、テクニックと区別してこう呼びます)は、目覚ましい成果をもたらしてくれました。

実際に体験してみると分かりますが、競争の激しいキーワードでは、1位と2位で集客数が大きく変わります。順位下落は、まさしく生命に関わる事態なのです。競合がこれらのトリックを駆使していれば、こちらもそれを使わざるを得ないという、Googleにとって好ましくない連鎖が続いているのです。

本来のSEOへの回帰

近年、SEOに対する風向きが大きく変わってきました。Googleの進化によって、従来のトリックが次々と看破されているのです。不正には厳しいペナルティが与えられるため、多くのサイトがリスク回避の動きに出ています。

一部のSEO専門家は、はるか以前から正しいSEOへの取り組みを提唱していました。Googleを助けるSEOです。ようやく、それらの施策が功を奏するようになってきました。もちろん、現時点で全てのトリックが使えないワケではありませんが、大部分がいずれ終息するだろうというのが大方の予想です。

そして、これからのSEO

以上のことから、これからのSEOに重要なポイントが導き出せます。

  • 役に立つコンテンツ
  • サイトの発信力
  • Googleへの配慮

具体的には、コンテンツの品質はもちろんのこと。それをより多くの人に届ける(もちろん、Googleにも)仕組みの構築。検索エンジンの仕組みを正しく理解したサイトの構築。これらが最低限必要になってきます。本当の意味で、これからは弱肉強食の時代になるでしょう。

今回は、基本のそのまた基本。根本的な心得にクローズアップしました。今後、より具体的な施策などもご紹介していけたらと考えています。ぜひ楽しみにしていてください。

前田 大地

Designer / Developer

前田 大地

沼津高専中退。デザイン会社、システム開発会社を経てセブンシックスを設立。マーケティング、デザイン、テクノロジーに精通するオールラウンダーとして、県内の中小企業に向けた戦略型ホームページ制作を開始。一方で、都内代理店からの要請で大企業案件にも多数参加。企業が本当に必要とするホームページ制作とは何か、を日々探求している。

関連記事

制作のご相談・見積依頼

CONSULTATION

お気軽にお問い合わせください。ご相談いただいた方には無料でご提案書とお見積書を作成しています。

ご相談・見積依頼はこちら