BLOG

ブログ

アクセルを踏み込む

日常

Share this Bookmark this

仕事の打ち合わせで愛知県へ。都内にはたまに行くのですが、名古屋方面は初めてです。新東名をはしりながら、ひとりカラオケ(アカペラ)で内なる闘志を呼び覚ましていると、1台の乗用車が150キロ近いスピードで走り抜けていきました。スポーツカーや高級車ではなく、一般的な乗用車です。

「ああ、これって人間と同じだな」と思いました。持っている能力よりも、「どれだけアクセルを踏み込めるか」で優劣が決まる。もちろん、お互いアクセルを踏み込めば能力の高いほうが勝ちますが、大人になればなるほどアクセルを踏み込むことができなくなる。・・・って、上手くまとめようと思いましたが、スピード違反はれっきとした犯罪です。

前田 大地

Designer / Developer

前田 大地

沼津高専中退。デザイン会社、システム開発会社を経てセブンシックスを設立。マーケティング、デザイン、テクノロジーに精通するオールラウンダーとして、県内の中小企業に向けた戦略型ホームページ制作を開始。一方で、都内代理店からの要請で大企業案件にも多数参加。企業が本当に必要とするホームページ制作とは何か、を日々探求している。

関連記事