BLOG

ブログ

BRANDING / TRENDKILL

花屋で花を買っただけなのに、幸せな気持ちになった話

前田 北斗

前田 北斗

日常

セブンシックスの北斗です。
先日お客さまに花を届けようと思いお花屋さんに行ったのですが、驚くほど幸せな気持ちになったので、その話を少し。

ホームページ制作の依頼をいただくお客様は、「何かをスタートするタイミング」というのが多いんです。開業、事務所新設、代表者変更など、企業としての大きな節目に立ち会えるのは、この仕事の嬉しいところですね。

そんな時は、気持ちを込めてお花を贈ることにしています。と言っても「気持ち」が花という形になっただけで、花を贈ることに固執しているわけではありません。正直なところ、僕は花に対して特別な思いはありませんからね。

それでも僕が花を贈るのは、お花屋さんに行った時にこんな嬉しい体験があったからもしれません。

気持ちを届けてくれたお花屋さん

お花屋さんに行くと、まずはじめに聞かれる言葉。

「ご予算はどのくらいでお考えですか?」

僕はこの当たり前の質問がなんとなく嫌いです。お客さまへ気持ちを届けたくて、わくわくしてお花屋さんに行ったのに、なんだか少し寂しい気持ちになるからです。
おそらく、限られた予算の中で最高の花を届けるために聞いてくれたのでしょう。もしくは、一般的に企業にお花を贈るのは単なる礼儀の1つで、予算を伝えて注文するのが常識なのかもしれません。
ですが、僕にとってはあまり印象の良い言葉ではありませんでした。

あるお花屋さんに行った時の話です。お客さまにお花を届けたい、と伝えると、お花屋さんの店主は僕にこう質問しました。

「お祝いごとですか?どんなお気持ちを届けたいんですか?」

僕はすごくびっくりしました。第一声でこう聞かれるのは初めてだったからです。

その後も僕の気持ちを聞いてくれて、お花のこともたくさん教えてくれました。
どれが長持ちするとか、どんな香りがするとか、季節感の演出の仕方とか、僕の気持ちをどの花に込めたらいいのかを一緒に考えてくれました。

話も弾み、届け先がたまたま店主さんも知っているお店だったので、最後に僕はこうお願いしました。

「15,000円をお渡しするので、店主さんのセンスでお花を作ってくれませんか?花は1本だけでもいいし、葉っぱだけでもかまいません。大きくても小さくても、はみ出ててもこじんまりしててもいいです。あのお店のエントランスを素敵に飾るものを作ってくれませんか。」

今思うと嫌な客ですね(笑)
でも店主さんはこう言ってくれました。

「そんな注文をするお客さんはなかなかいないよ。いいね、面白そうだ。ひとつかっこいいやつを作ってあげよう。」

嫌な顔ひとつせず、店主さんは快く引き受けてくれました。
「僕の気持ちがお花に乗って届くんだ」と思うとすごくわくわくして、今までにない、充実した気持ちになったことを今でも鮮明に覚えています。
実際に届いたお花はとても素敵で、お客さまから喜びと驚きの連絡をいただきました。

お花を届ける時って、実物を見ることなくお金だけ払う形が当然になっていますよね。
そんな中、僕の思いを汲んでくれたあのお花屋さんの店主の対応には、心を打つものがありました。

人の気持ちに寄り添うこと

「おめでとう」「ありがとう」「大好き」「よく頑張ったね」など、お花は気持ちを代弁するツールとして使われてきました。その部分を大切にしてくれるお花屋さんて、やっぱり素敵です。

僕の仕事はホームページを作ることですが、お花屋さんと共通する部分があると思っています。ホームページというツールを使って、お客さまの心の奥の想いを受け止められるように、これからも成長していきたいと思います。

AUTHOR

この記事を書いた人

前田 北斗

Consultant / Photographer

前田 北斗

金融機関の融資担当として10年にわたり第一線で活躍。その後、セブンシックスに加入。洞察力、分析力を軸としたWebコンサルティングを得意とし、リサーチや戦略策定、情報設計を担当する。クライアントと向き合うことを信条とし、ウェブ担当者の育成にも力を注いでいる。また写真家としての一面を持ち、カメラ講座の講師も務めた。大の猫好き。

FOLLOW US

いいね!して新着情報をチェック

RELATED POST

関連記事

SEVENSIX NOTESEVENSIX NOTE