静岡県のホームページ制作 セブンシックス

BLOG

セブンシックス・ブログ

BRANDING / TRENDKILL

【完全図解】Bing places for businessのアカウント作成、ビジネス情報の編集方法、使い方を丁寧に解説

前田 北斗

Bing検索で表示されるマップ情報も、Googleマップと同じように管理して編集することができます。
そのためのツールがBing places foe businessです。
アカウント作成からビジネス情報の編集まで、順を追ってやり方を説明していきますので、ぜひ参考にしてください。

そもそもBingって何?

Bingとはマイクロソフト社が独自に開発した検索エンジンです。Microsoft Edgeのデフォルトの検索エンジンになっていて、知らないうちに使っている方もいるかもしれません。Googleとは違う独自の検索技術が使われており、アメリカを中心に使用されています。

検索エンジンの日本シェア率(2022年2月)
デスクトップ:Google75.69%、Yahoo!12.18%、Bing11.53%
モバイル:Google78.08%、Yahoo!21.23%、Bing0.28%
※データ引用元:Search Engine Market Share | Statcounter Global Stats

パソコンの検索エンジンとしては、11%以上のシェアを誇っています。スマートフォンではほとんど使われていませんね。
日本では、Google Yahoo!に次ぐ第3位の検索エンジンに位置しています。

Bingのマップ情報を確認してみた

私たち6666666/セブンシックスがBingで表示されているのか確認すると…

あ、ありました。でも写真がNotionのロゴですね。これはまずい(笑)ブログ記事でNotionを紹介したことがあるので、きっとそこから引っ張られたんでしょう。
これでは嫌なので、早速Bing places for businessで正しい情報を登録したいと思います。

Bing places for businessでアカウントを開設する

Bing Places for Businessにアクセスします。
英語サイトになってしまった方は、画面右上に言語を選択する項目があるので、「日本語」を選択してください。
早速画面右上の「サインイン」をクリックします。

Microsoftアカウントを持っているので、それでログインしました。

初期設定の画面です。
プロフィールタブに必要事項を入力してください。
国も日本に設定しましょう。

通知タブを開くと項目が設定できますが、私の場合はすべてオフにしました。
下の「保存する」をクリックします。

Googleビジネスプロフィールの情報がインポートできる

Googleマイビジネス(今はGoogleビジネスプロフィールだけど)の情報をインポートすることができるので、今回はそれを使ってみたいと思います。
「Googleマイビジネスから今すぐインポート」をクリックします。

「ビジネスデータを定期的にGoogleマイビジネスと同期したい」にチェックを入れるかどうかですが、個人的には「チェックなし」がおすすめです。
このあと進んでいくとわかるのですが、Bing places for businessはアメリカ仕様で、うまく項目が連動していないんですよね。
2つを管理するのは面倒かもしれませんが、その方が懸命な気がします。
「Googleマイビジネスに進む」をクリックします。

Googleアカウントとの連携です。
「許可する」をクリックします。

チェックが入っていることを確認して、「続行する」をクリックします。

無事にインポートされました。
「ダッシュボードに移動してください」をクリックします。

ビジネス情報を編集する

Googleビジネスプロフィールマネージャの画面みたいですよね。この画面からビジネスの詳細を登録していきます。Googleビジネスプロフィールの情報が反映しているので、ちょっと楽ちんです。
ビジネス名の右の「編集する」をクリックして確認します。

非常にわかりにくいのが「取引関係」という項目です。
セブンシックスの場合は必要無いので入力していませんが、ショッピングモール内に店舗がある、などの場合に編集する項目です。
登録する場合は「取引関係を追加する」をクリックします。

詳しくは、公式の説明を読んでご判断ください(翻訳して解読しましょう)。
セブンシックスの場合は関係ないので、「捨てる」を選択してもとの画面に戻りました。

ホームに戻り、もう一度先ほど同様「編集する」をクリックします。
セブンシックスでは電話番号を登録していないので空欄です。Googleビジネスプロフィールからデータをインポートしたのですが住所が完璧ではないので修正します。
「州」という項目がありますが、これは「都道府県」のことです。

マップも正しいか確認してください。
ピンの位置はドラッグすると移動できます。

カテゴリ情報の入力画面です。
緑色のアイコンをそれぞれ選択するとその項目が編集できます。事業のセグメント、カテゴリはあらかじめ用意さているのですが、すべて英語…。
一生懸命探しましょう!これが割と大変です。

アイコンをクリックしても画面が遷移しないことがありますが、下にスクロールすると選択した項目の編集ができます。私がはじめてやった時は全然見つからなくて困ったので、みなさんも困るはず。
この仕様、どうにかして欲しいものです…

必要な項目が入力できたら、「参加する」をクリックしてください。
赤い*印の項目は必須項目なので、それが入力されていないと「参加する」はクリックできません。
押せない方は上にスクロールして戻ってから、緑色の各アイコンをクリックして必須項目が抜けていないかチェックしましょう。
クリックできないと一瞬戸惑いますが、入力すればちゃんとクリックできるようになるのでご安心を。

ビジネスのオーナー確認のようなものです。
郵送でPINコードが送られてくるようなので、「今すぐ確認」をクリックします。

送信されればオッケーです。

ダッシュボードにPINの入力項目が出てきました。
郵送で届いたらPINコードを入力してください。

以上でBing places for businessの登録は完了です。
Googleばかりに目を向けがちですが、Bingのマップも整備した方が顧客へリーチできるので、こちらもぜひやってみてください。

この記事を書いた人

Web Director / Photographer

前田 北斗

金融機関の融資担当として10年にわたり第一線で活躍。その後、セブンシックスに加入。洞察力、分析力を軸としたWebコンサルティングを得意とし、リサーチや戦略策定、情報設計を担当する。クライアントと向き合うことを信条とし、ウェブ担当者の育成にも力を注いでいる。また写真家としての一面を持ち、カメラ講座の講師も務めた。大の猫好き。

RELATED POSTS

関連する記事