セブンシックス・ブログ

SEVENSIX BLOG

wordpressサイトの運用にオススメの共用サーバ

wordpress

Share this 4 Bookmark this

セブンシックスでは、中〜小規模のwordpressサイト制作をメインに行っています。その関係上、自社でサーバ管理の不要な共用サーバを扱うことが大半です。私自身、専用サーバを扱っていたのはシステム開発会社時代で、今はほとんど触れることもありません。クライアントにも、特に理由がなければ共用サーバをおすすめしています。

レンタルサーバの選定は、当たり外れが大きく、非常に難解です。各業者が公開している情報はまちまちですし、非公開の情報も多いため、実際に使ってみなければ分からないというのが本音です。比較サイトや口コミなども、アフェリエイト目的で作られたものが多く、すべての情報を鵜呑みにはできません。

今回は、私がこれまでに縁があり使用してきた共用サーバの中から、最終的に「ここに落ち着いた」という、wordpressを運用するうえでオススメのサーバをご紹介します。

マルチドメイン対応高コストパフォーマンス-共有レンタルサーバー-シックスコア(sixcore)

シックスコア

現在、このサイトで使用しています。「ビジネス向け」という位置づけの共用サーバですが、高い安定性と豊富な機能が特徴です。電話サポートやバックアップ、セキュリティ対策など、ビジネス利用に心強いサービスも充実しており、安心です。ドメインやデータベースの数もきちんと制限がされているため、ひとりのユーザーがリソースを独占する心配もなさそうです。

シックスコア 公式サイト

レンタルサーバー-高速・高機能・高安定性の【エックスサーバー】

エックスサーバー

シックスコアに比べると、やや安定性には欠けますが、コストパフォーマンスの高い共用サーバです。使用していて特に問題が発生したこともなく、予算やアクセス数などを考慮した上で、シックスコアの次にオススメしています。電話サポートやバックアップなどのサービスも整備されているため、ビジネス利用でも安心です。

エックスサーバー 公式サイト

その他

低価格帯のレンタルサーバは、上記シックスコアやエックスサーバーで事足りてしまうため、混乱を防ぐ意味でもこちらから別のサーバを提案することはありません。もちろん、上記以外でも、良いサーバはたくさんありますから、希望するサーバがあればそれを使用するのが良いと思います。

シックスコアを使いはじめる以前は、NTTPCの「ウェブアリーナ」もよく使用していました。何年か前に、PHPのバージョンの関係でwordpressが最新版にアップグレードできない時期があり、それから自然と使わなくなりましたが・・・。また、SSLを導入する際、wordpressファイル一式を専用ディレクトリに配置してから、SSLディレクトリ内にシンボリックリンクを作成する必要があったのを憶えています。

サブドメインで複数サイトを運用するなど、よりハイスペックなサーバを求めるのであれば、管理不要の専用サーバである「さくらのマネージドサーバ」なども候補に挙げられます。普通に複数サイトを運用するのであれば、サイトごとに共用サーバを契約したほうが、サーバトラブル時のリスク回避に繋がります。

また、エックスサーバーよりも低価格の格安共用サーバを希望される場合、どうしようか迷うところです。格安サーバは、容量や機能は各社充実していますが、速度や安定面で不安が残るため、ビジネス向けとして使うには躊躇しがちです。「さくらレンタルサーバのスタンダードプラン」や「ファイアバード」が、比較的安定しており、人気ではないでしょうか。

前田 大地

Designer / Developer

前田 大地

沼津高専中退。デザイン会社、システム開発会社を経てセブンシックスを設立。マーケティング、デザイン、テクノロジーに精通するオールラウンダーとして、県内の中小企業に向けた戦略型ホームページ制作を開始。一方で、都内代理店からの要請で大企業案件にも多数参加。企業が本当に必要とするホームページ制作とは何か、を日々探求している。

関連記事

制作のご相談・見積依頼

CONSULTATION

お気軽にお問い合わせください。ご相談いただいた方には無料でご提案書とお見積書を作成しています。

ご相談・見積依頼はこちら